肩こりをスッキリさせるイルチブレインヨガの「背中の後ろで手をつなぐ」ポーズを紹介します。

肩こりの多くは、肩まわりの血行不良によって起こります。筋肉が硬直化して血管が圧迫されると、血液の流れが悪化。疲労物質が肩周辺にたまるようになり、ジンジンとした痛みを感じやすくなるのです。

肩回りの血行不良の原因の一つが、崩れた姿勢です。背骨が左右に曲がっていると、背骨の両脇にある筋肉に力が加わります。それによって血管が圧迫され、血のめぐりが悪くなります。

また、ストレスも血管を収縮させる原因です。私たちはストレスを感じると、自律神経の交感神経が優位になります。交感神経は血管を収縮させる作用があるため、ストレスで緊張した状態が続くと、血流が悪くなるのです。

肩まわりの血流をスムーズにするのに最適なのが、イルチブレインヨガの「後ろで手をつなぐ」体操です。背中の後ろで腕をクロスさせて両手を握手します。このポーズをすると、背骨の左右のバランスが整えられ、筋肉の緊張がほぐれます。詰まっていた血管が解放される効果が期待できます。

左右両方やると、硬い部分が分かるので、そこを重点的にほぐしてあげると、より高い効果が得られます。

<背中で手をつなぐ>
肩こりスッキリ☆イルチブレインヨガの「後ろで手をつなぐ」ポーズ

1. 右手を上げて背中のほうへひじを曲げます。
2. 左手を背中の上のほうに上げ、右手とつなぎます。
3. 両手の位置を確認します。
4. 手を替えて同様に行ないます。

左右の手が届かない場合、肩の関節と筋肉が硬くなり、靭帯(じんたい)も硬直している可能性が大です。無理に伸ばすのでなく、少しずつほぐしていきましょう。

タオルを使って後ろで引っ張るようにする方法でも効果はあるので、試してみてください(*^▽^*)

イルチブレインヨガのトレーニングは体のエネルギー循環を整えていくトレーニングで、

体が硬い方も無理なくトレーニングができます。

詳しくは、こちら

イルチブレインヨガ岡山スタジオ

TEL:086-234-8356