私たちの腸のなかには、たくさんの菌がすみついています。その菌の数は、100兆個もあるといいます。菌といっても、悪いものばかりではありません。腸内には、善玉菌と悪玉菌があります。善玉菌が多いと健康になり、悪玉菌が多いと病気になりやすくなります。

人間は若いころは、腸内で善玉菌が優勢です。赤ん坊があまり便秘をしないのは、悪玉菌が少ないからです。ところが、年をとるにつれ、悪玉菌の数が増えていき、40代に入ると悪玉菌が優勢になります。最近では肉食中心の食生活のせいで、若いのに悪玉菌が優勢の人が増えています。

悪玉菌が多い腸は、新陳代謝が悪く、下痢や便秘に悩まされがちです。免疫力も低下し、風邪や成人病などにかかりやすいです。20代をすぎたら、意識的に善玉菌を増やし、腸を活性化させる必要があります。そうすれば、若々しさを保つことができます。

今回紹介するイルチブレインヨガのトレーニングは、大腸や肺の働きをよくする効果のある体操です。立って腕を伸ばせるスペースさえあれば、どこでも行える動作なので、仕事や家事の合間などにおすすめです。

呼吸を意識して行うと、さらに効果が高くなります。ご自分の体調と相談しながら、強く深い呼吸で行ってみてください。呼吸とともに気持ちよく体を伸ばして、体と心をしっかりリフレッシュ。さあ、やってみましょう!

腸の活性化体操
1. 足を肩幅に開き、両手の指を体の後ろで組み合わせます。
2. 息を吐きながら上半身を前に倒し、顔をひざに近づけます。両腕は体の後ろで上へ伸ばします。
3. 体が十分に伸びきったところで息を吸い、その状態でしばし留まります。足の裏、腹、背中、肩や腕が引っぱられるのを感じることもあります。
4. ゆっくりと息を吐きながら、体を元に戻し、体と心の緊張をすべて解放します。
5. 3と4の動作を何度も繰り返します。

効果:胸を広げ、肺、内分泌系の血行を向上し、強化します。

イルチブレインヨガ「腸の活性化体操」

その他、イルチブレインヨガの体操は簡単にデトックスできるものがたくさんあります。

詳しくは、こちらまで

イルチブレインヨガ岡山スタジオ

TEL:086-234-8356