ぽかぽか陽気の春は、昼間から眠気を感じやすくなります。とくにランチの後は眠さも倍増。仕事もはかどりません。食後の消化不良を改善することで、眠気を解消するイルチブレインヨガのブレイン体操を紹介します。

昼食後に訪れる眠気。春になると、私たちの体は、暖かい気候に適応しようとする生理反応を起こすため、体が疲れやすくなり、眠気を誘います。

私たちの体は、食事をとると、消化をスムーズにするために胃腸に血液が集まります。そのぶん、脳にある血液が少なくなり、脳が疲れて眠気を起こしやすくなります。脳は、血液全体の15%を消費し、酸素の20~25%を使うとされ、血液不足は脳の働きに大きな影響を与えます。

胃腸の機能が低下していると、食後の脳のだるさや疲れは、一層大きなものになります。春は、冬からたまっていた体内の老廃物や毒素を外に排出する時期。野菜などの食物繊維を摂取してお通じを良くするとともに、運動によって血液の流れをスムーズにして、代謝やデトックスを活発にすることが大事です。

春の眠気覚ましと消化不良の改善にオススメなのが、イルチブレインヨガのブレイン体操です。今回紹介するのは、胃腸の働きを元気にする「足三里たたき」と、気血循環を滑らかにする「両手を組んで上体を倒す」。どちらもシンプルな体操ですので、ぜひお試しください。

<胃腸機能によいブレイン体操:足三里たたき>
足三里のツボは、ひざの下約10センチのところにあり、昔から「無病長寿のツボ」として知られています。ここを刺激すると、消化機能を回復するだけでなく、頭痛、呼吸器疾患、心臓病、鼻炎などの対策にもなります。

1. 座ってひざを立て、軽くこぶしを握って両足の足三里のツボを100回ほどたたきます。
2. 足を伸ばし、足の付け根からつま先に向かってなでおろし、滞っていたエネルギーがつま先から抜けていくのをイメージします。

消化不良を改善し、眠気をさますイルチブレインヨガのブレイン体操

<気血循環によいブレイン体操:両手を組んで上体を倒す>
この体操は、かたくなった肩や肩甲骨、腕の筋肉をリラックスさせ、滞っているエネルギーを解放します。肩がほぐれると、脳をはじめとする全身の気血循環がスムーズになります。

1.背中の後ろで両手を組み、上体を倒します。
2.肩を前に落としながら、腰を下げます。
3.頭に血がのぼらないように、頭は少し持ち上げます。
4.上体をゆっくり起こし、3回繰り返します。

消化不良を改善し、眠気をさますイルチブレインヨガのブレイン体操