ツボと経絡

trivia03

私たちの体には12の経絡と365の経穴(ツボ)があります。経穴が開いて気が経絡をうまく流れていると体中にエネルギーがゆき渡ります。エネルギーの流れに加えて、体内にはエネルギーの集まる場所があります。それらは丹田(たんでん)と呼ばれ、「気の田」という意味です。サンスクリット語では「チャクラ」と言い、車輪や円を意味しています。これらの名称が示すように、丹田はエネルギーが集まり、回転する場所です。

経絡は、気血エネルギーの通り道です。経脈は上下に直行する脈を示し、絡脈は左右に横行する脈を示します。経絡は平行、垂直に絡み合い、エネルギーが全身に行き渡ります。経絡は以下のように流れています。

肺→大腸→胃→脾→心→小腸→膀胱→腎→心包→三焦→胆→肝

私たちは体を維持するため、気と血を循環させます。気も血も経絡を流れます。まず気が動き、そのあと血が続きます。気が停滞していると、血は循環しません。同様に、気が病んでいると、血も病気になります。気の循環が悪ければ、血は滞って循環しなくなります。

trivia05

陰陽五行

trivia07

陰陽五行とは春秋戦国時代の中国の思想です。陰と陽の調和、また五行の調和が、宇宙を創造していると考えられています。私たちの体は大きな宇宙の中の小さな宇宙であるととらえられています。陰は女性的、冷たい、暗い、包括的、停滞などの特徴を表します。反対に、陽は男性的、熱い、明るい、時系列的、純粋という特徴を表します。どちらかが優れている、劣っているということではありません。むしろ、相互に融合し合い、作用し合うことが必要で、そこから調和が生まれるのです。例えば、日(陽)が存在するためには夜(陰)がなければなりません。そして、空(陽)が存在するためには、陸(陰)が必要なのです。

五行とは、木火土金水を指します。草木のように成長し、適応していくのは「木」、炎のように熱く達成感を求めて上がっていくのは「火」、育み、成長を促すのは「土」、鉱物のように変換するのは「金」、流れて、静けさや潤いを与えるのは「水」。こうした性質があります。

があります。

五行 概念的な火(火を補助する役割)
五臓 腎臓 心包
六腑 小腸 大腸 膀胱 三焦
trivia09         trivia08
3月は経絡に合わせた体操で、効果的に内臓をほぐします。
お楽しみに

お気軽にお問い合わせください。
イルチブレインヨガ岡山スタジオ

体験のご予約はこちらから↓

http://ilchibrainyoga-okayama.com/yoyaku/

TEL 086-234-8356

10:00 ~ 21:00